エコノミー症候群による大腿(もも)、膝、ふくらはぎの痛みを防ぐには?

エコノミー症候群(エコノミークラス症候群)は、飛行機のエコノミークラスのように狭い空間で、姿勢を変えることが難しく、その姿勢を長く続けることで起きる問題だと思います。

 

どのような姿勢になっているかというと、股関節、膝関節の曲っている角度が、90度より狭くなっていると思います。

 

ビジネスクラスやファーストクラスは、エコノミークラスと違い、足元が広く、前後のシートとの間隔も広いため、シートを深く倒すことができると思います。そのため、股関節や膝関節の角度は90度より広く角度をつけることができます。

 

関節の圧迫している時間の問題だったりするので、きっちりとした姿勢よりかは、だらけているような姿勢をとることで、発生率を下げることができます。

 

事務所で座っていたりとか、講座を聞いているときだったりとか、狭いバスのシートだったりとか、映画館など、飛行機の中だけでなく、色々なところに問題はあったりします。

 

エコノミー症候群を予防するには、圧迫した姿勢でいるよりゆったりしている姿勢を意識しましょう。

 

あとは、体が冷える環境がよくありません。

 

寒い時期や、クーラーがよくきいている空間では、エコノミー症候群は起きやすいです。

 

また、心身的なストレスも

 

もうダメだ!と捉えるのか?

今は辛くても、この先、明るい未来がきっとやってくると信じると捉えるのか?

 

治癒力に大きく影響します。

 

熊本地震で被災されている皆さま、希望をもって、共に頑張っていきましょう!

そのためには健康でいることが大切だと思います。

 

 

整体サロンあしすと

住所 山口県光市島田 2丁目9-22
電話番号 0833-48-8475
営業時間 10:00~21:00