腹筋運動で腰痛は予防できない!?

腰の痛みにお悩みの方は、一度は整形外科に行ったことがあるのではないでしょうか?

 

診察を受けるときっと多くの方は、こんなことを言われたことがあると思います。

 

腰痛は、腹筋と背筋がおとろえているからなるんだ!

 

だから、腹筋と背筋を鍛えなさい。

 

果たしてそうでしょうか?

 

そもそも腰が痛いと、腹筋や背筋運動なんてできないと思います。

 

その姿勢を取ることは困難だと思います。

 

その姿勢を取ると体の筋肉が伸びて、気持ちがいいかもしれません。

 

気持ちがいいことは、痛みが取れることと同じではありません。

 

中には症状がそこまで悪くなく、姿勢をとることができる人もいるかもしれませんが、

 

そもそも、腰の痛みと腹筋と背筋は何の関連もありません。

 

むしろ、それらの運動をすることでその奥にある体幹にダメージを与えることになり

 

腰の痛みが悪化する可能性の方が高いです。

 

当院では、まず、腰を悪くしている人に、腹筋や背筋を鍛える筋トレを勧めることはありえません。

 

腹筋が割れたからって、腰痛は予防できないのです。

 

腰痛に悩まないためには、余計な筋トレをしないことです。

 

普段の動きにない筋肉をつけたところで、怪我や故障は予防できません。

 

その行為は、腰を痛める結果となるか、その痛みを慢性化させるかのどちらかになります。

 

腹筋運動や背筋運動では、腰痛を予防も改善もできないのです。

 

体づくりの方法を考え直す必要があるかもしれませんね。

 

整体サロンあしすと

住所 山口県光市島田 2丁目9-22
電話番号 0833-48-8475
営業時間 10:00~21:00